トップページ 市町村窓口 相談窓口 リンク集
  • ホーム>
  • こんにちは赤ちゃん(産後のママと赤ちゃんへ)>
  • 赤ちゃんのこと>
  • 4〜9ヶ月頃まで

こんにちわ赤ちゃん(産後のママと赤ちゃんへ)

赤ちゃんのこと

4〜9ヶ月頃まで

この時期は首もしっかりすわって、ころころと寝返りをうち始めたり、お腹の筋肉が発達してお座りが出来るようになってきます。毎日毎日、成長を実感できる楽しい時期です。

乳児健診について

県内では多くの市町村で、9〜10ヶ月児健康診査があります。

身長、体重の伸びのほか、首のすわり、お座り、寝返り、はいはいなど、身体機能の発達を診ます。母子健康手帳の後半のページ「乳幼児身体発育曲線」には、9割の子供が出来るようになる月齢が記されています。

健診ではなく、保健師や栄養士が「健康相談」という形で行なう市町村もあります。

離乳食が始まる時期でもあるので、離乳食の進め方なども相談してみましょう。(→健診のページ

「聞こえ」のチェック

生まれたばかりの時に、産院で聴覚検査を受けた赤ちゃんもいることでしょう。受けなかった赤ちゃんも、毎日の生活の中で、成長の段階に応じた聞こえのチェックが出来ます。

  • 【1ヶ月頃】
    • 大きな音にビクッと手足を伸ばしたり、泣き出すことがありますか?
  • 【3〜4ヶ月頃】
    • 見えない方から声を掛けるとそちらのほうを見ようとしますか?
  • 【6〜7ヶ月頃】
    • テレビやラジオの音がしはじめるとすぐそちらを向きますか?
  • 【9〜10ヶ月頃】
    • そっと近づいてささやき声で呼びかけると振り向きますか?
  • 【1歳の頃】
    • テレビなどの音楽に合わせてからだを楽しそうに動かしますか?
    • 大人のいう簡単な言葉(おいで、ちょうだいなど)がわかりますか?
  • 【1歳6ヶ月の頃】
    • ママ、ブーブーなど意味のある言葉をいくつか話しますか?

ここに記したのは母子健康手帳の月齢ごとのページに記載されている耳鼻科関連の質問です。何度か試して「聞こえが悪いかな」と思ったら、一度耳鼻科を受診して調べてもらうと安心でしょう。

離乳食のこと

始める時期は5、6ヶ月ごろからが適当。

身体の発達では、首がしっかりすわった、支えると座れる、食べ物に興味を示す、スプーンなどを口に入れても舌で押し返すことが少ない、などが目安になります。(離乳食についてのページをご参照ください

絵本の読み聞かせ

子どもは絵本が大好き。6ヶ月くらいの赤ちゃんでも、「いないいないばあ」などの絵本を読み聞かせると、大喜びします。赤ちゃんと一緒に、ママ自身が楽しむことを大切に・・・。

【ブックスタート事業】

  【市町村サービス紹介(山形県次代を担う子どもの育成支援対策事例集(平成20年度版)より)

  • 上山市健康福祉課
    • 2か月健診時に保護者に絵本をプレゼントする。
  • 西川町教育文化課
    • 1歳6か月健診時を利用して保護者に絵本の入ったブックスタート・バックをプレゼントする。
  • 朝日町健康福祉課
    • 乳幼児健診時に絵本の読み聞かせを行うとともに絵本を贈呈する。
  • 大江町健康福祉課
    • 乳幼児健診時を利用して絵本の読み聞かせを実施する。
  • 川西町健康福祉課
    • 幼児健康教室(9〜10か月児対象)において、絵本の読み聞かせを実施し、保護者と乳児が絵本に親しみ、感性豊かな子育てへの支援を行う。
  • 長井市健康課
    • 3ヶ月健診において、親子1組ごとに絵本のプレゼント。
  • 鶴岡市教育委員会藤島分室教育課
    • 7か月から8か月の乳児を対象に絵本を贈呈する。

【すこやか鮎っ子養育事業】

  • 白鷹町健康福祉課
    • 出生届提出時に絵本を贈呈する。

【ハローブック】

  • 新庄市生涯学習課
    • 4か月健診時にNPO法人の協力を得て、絵本の読み聞かせの指導を行い、親子のふれあいを実践する。

【乳幼児健診時絵本の読み聞かせ】

  • 長井市健康課
    • 健診時にボランティアの協力を得て、絵本の読み聞かせの指導を行い、親子のふれあいの機会を提供する。

【絵本と出会う親子ふれあい事業】

  • 戸沢村健康福祉課
    • 乳児健診や1歳児・2歳児歯科健診においてNPO団体の協力の下、絵本の紹介、読み聞かせ、手遊び等、親子のふれあいを紹介する。

【親子ふれあい推進事業】

  • 鶴岡市教育委員会櫛引分室教育課
    • 3〜4ヶ月、7〜8ヶ月、1歳6ヶ月児に対し、それぞれの健診の際に読み聞かせ絵本を贈呈し親子のふれあいを促進する。
託児ルームを利用してみましょう

→子育てサークル等)・(子育て応援マップ)

ページの先頭に戻る

こんにちわ赤ちゃん(産後のママと赤ちゃんへ)

赤ちゃんのこと

小児救急電話相談

山形県小児救急電話相談「今、子供の様子をどう判断したらいいのかしら…」


社団法人 日本小児科学会ホームページ

小児科のお医者さんのアドバイス