トップページ 市町村窓口 相談窓口 リンク集
  • ホーム>
  • プレママになったあなたへ(産前編)>
  • 妊娠おめでとうございます!>
  • 妊娠週数別ワンポイントアドバイス

プレママになったあなたへ〜産前編〜

妊娠おめでとうございます

妊娠週数別ワンポイントアドバイス

妊娠8〜11週
つわり

そろそろ「つわり」が始まった方もいるかと思います。
妊娠中は心も身体も非常にデリケート。
自分をいたわる気持ちを忘れずに。


○“つわり”について

症状は個人によってだいぶ違うようですが、通常は、1ヶ月程度でおさまります。体質的なものや環境のストレスも影響するといわれています。できるだけ疲労を避けることが大切です。また、食べものを受け付けられず体重が減ったり、1日に何度も吐くような状態は「妊娠悪阻」といい、治療を必要とするので「つわり」と区別されます。受診のときに主治医に相談してくださいね。


○葉酸について

葉酸「葉酸」という栄養素についてご存知ですか。ビタミンB群の一種で、緑黄色野菜や卵黄、豆などに含まれます。妊娠初期に0.4g/日以上を摂取することで、生まれてくる赤ちゃんが二分脊椎(にぶんせきつい)などになる危険を減らすことができます。野菜を350g/日以上食べることで、必要な葉酸も摂取できますが、難しい時はサプリメントの利用も一つの方法です。



妊娠12〜15週
散歩

そろそろ胎盤が完成する時期です。おおよそ妊娠15週で胎盤が完成すると、赤ちゃんは栄養をしっかりと吸収することができるので、発育の速度が増してきます。

妊婦さんのおなかが少しずつふくらんでくるのもこの時期からです。

流産の危険がぐっと少なくなってきますので、気分がよければ軽い運動やお出かけを楽しむのも良いものです。


○魚介類に含まれる水銀について

お魚食物連鎖の影響で水銀が蓄積されやすいのは大型(クジラ・イルカを含む)の魚で、これらを妊娠中に大量に食べると胎児の発育に影響を与える可能性があると指摘されています。

だからといって、「魚介類を食べるな」ということではありません。偏りなく食べることでリスクを減らし、かつ、「魚介類の豊富な栄養は摂取しましょう」というものです。

詳しい魚名と食べ方は厚生労働省ホームページをご参照ください。

前のページへ戻る
ページの先頭に戻る