トップページ 市町村窓口 相談窓口 リンク集
  • ホーム>
  • プレママになったあなたへ(産前編)>
  • 妊娠中の生活について>
  • 喫煙(たばこの害)

プレママになったあなたへ〜産前編〜

妊娠中の生活について

喫煙(たばこの害)

喫煙タバコを吸う女性が妊娠した場合、非常に小さく赤ちゃんが生まれたり、流産や早産が起こりやすいことは、広く知られています。これは、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素が赤ちゃんへの血流を妨げたり、酸素不足にするために、苦しくてお腹の中にいられなくなるためです。

プレママさん自身はタバコを吸わなくても、夫や同居の家族が近くでタバコを吸うと「受動喫煙」になり同様に赤ちゃんに有害です。また、生まれてからも、家族が喫煙する環境下ではSIDS(乳幼児突然死症候群)(→SIDSについて)や呼吸器の病気にかかる危険性が高いと言われています。

きれいな空気は赤ちゃんへの贈り物です。

ページの先頭に戻る

プレママになったあなたへ(産前編)

妊娠中の生活について