トップページ 市町村窓口 相談窓口 リンク集
  • ホーム>
  • プレママになったあなたへ(産前編)>
  • 知っておきたいいろんな制度>
  • 出産育児一時金

プレママになったあなたへ〜産前編〜

知っておきたいいろんな制度

出産育児一時金

出産育児一時金 出産をしたときは、医療保険から、子ども1人ごとに42万円(※)が「出産育児一時金」として支給されます。
(※平成21年10月1日以降、産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合に限ります。  
それ以外の場合は、35万円から4万円引き上げ39万円となります。
また、原則42万円の範囲内で、医療保険者から病院等に出産育児一時金を直接支払うこととなるため、事前に多額の現金を準備する必要がなくなります【直接支払い制度】。)

正常な出産のときは病気とみなされないため、定期健診や出産のための費用には医療保険が適用されません。

異常出産のときは、医療保険が適用されますので療養の給付を受けることができます。

双生児の場合は、出産育児一時金は2人分になります。

なお、「出産育児一時金の受取代理」という制度が平成18年10月から始まりました。

これは、あらかじめあなたが加入している医療保険の保険者(国保の場合は市町村、社会保険の方は社会保険事務所や勤務先など)に申請しておくことによって、産後「出産育児一時金」を産院があなたに代わって直接受け取る、という制度です。これによって、あなたが産院の窓口で一時的に数十万円という出産費用を立て替え払いする負担が軽減されます。

ただし、国民健康保険税に滞納がある場合など利用できない場合もあります。

手続きの詳細は、市町村の国保係窓口またはそれぞれの勤務先にお尋ねください。

ページの先頭に戻る