トップページ 市町村窓口 相談窓口 リンク集
  • ホーム>
  • こんにちは赤ちゃん(産後のママと赤ちゃんへ)>
  • ママのこころとからだ>
  • こころのケアについて〜マタニティーブルーズと産後のうつ

こんにちわ赤ちゃん(産後のママと赤ちゃんへ)

ママのこころとからだ

こころのケアについて〜マタニティーブルーズと産後のうつ

Q&A「なんだかとても涙もろくなった・・・」
  • Q:「5日前に女の子を出産しました。主人も義父母もとても喜んでくれているのですが、毎晩主人が病室に顔を見せるたび何となくイライラして八つ当たりしてしまいます。帰ると申し訳なかったと思い、淋しくて涙がこぼれます。自分でもおかしいと思うのですが、病気でしょうか」
    • A:「出産後は、ホルモンの状態が急激に変化したり、赤ちゃんの存在に対して“これから母親としてがんばらなきゃ”という緊張があったり、誰でも精神的に不安定になりやすい時期ですが、自分でも自覚できるくらいの症状がある場合は「マタニティーブルーズ」かもしれません。これは、産後1週間くらいまでの間に起こる一過性の症状で、主に涙もろさ、不安感、焦り、頭痛、気分の変調などの症状が数日間続きますが、治療しなくとも次第に消えてゆくので心配いりません。はっきりした原因は分かっていませんが、全産婦の2〜3割に現れるといわれています。ただ、症状が2週間以上続いて辛い場合は、早めの回復のために専門医への受診をお勧めします。パートナーやご家族にも相談しましょう。」
Q&A「赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまう・・・」
  • Q:「日中は子どもと二人で過ごしています。ぐずられると、どうあやしていいのかわからなく、泣き声にイライラします。正直、こんな子じゃなかったらなぁ、と思うことあります。しなければならないことはたくさんあるのに、どこから手をつけていいかわからなくて、途方に暮れる事がよくあります」
    • A:「赤ちゃんの世話をすることは大変な重労働です。泣き声にイライラしたり、否定的な思いが浮かぶこともあるでしょう。でも、その感情を赤ちゃんにぶつけることは避けなければなりません。イライラして手をあげそうになったら、赤ちゃんから離れて外の空気を吸ったり、誰かと会話を交わすなど、気分転換をはかりましょう。なにより、ひとりで全てをこなそうしないことが重要です。パートナーや親、身近な友人にSOSを出せるよう、日ごろから連絡を密にしましょう。市町村の育児相談窓口も積極的に利用してください。
      それでも、2週間以上よく眠れなかったり、感情が不安定で疲労感が強い時は、産後のうつの場合もありますから、早めに相談しましょう。」

こんにちわ赤ちゃん(産後のママと赤ちゃんへ)

ママのこころとからだ

小児救急電話相談

山形県小児救急電話相談「今、子供の様子をどう判断したらいいのかしら…」


社団法人 日本小児科学会ホームページ

小児科のお医者さんのアドバイス